スマホケースの失敗例と成功例のまとめ

今や、誰もがスマートフォンを持つのが当たり前となりつつあり、多くのユーザーが大切なデバイスを守るために、また、本体だけでは不可能なデザインを楽しむために、スマホケースに入れて使用しています。ある時には危うく大事なスマートフォンが損傷してしまう事を防いでくれたり、ある時には他の人とは違う個性を示す事を楽しんだり、スマートフォンユーザーにとって、本体と一緒に購入するアイテムとして、液晶保護フィルムと並んで、スマホケースは欠かせない存在となりました。特に有名で人気の機種であれば、さまざまなアクセサリーが数え切れないほど商品化されており、どれにしようか迷ってしまうほどで、納得できる製品と出会える事があれば、失敗したと感じる事もあります。今回は、そんなスマホケースの失敗例と成功例について、まとめてみました。

ついつい買ってしまう安かろう悪かろうのスマホケース

もちろん廉価な製品すべてが悪いわけではありませんが、安い製品には、それなりに訳があります。安くて良いものを求めたいのは、誰しも考える本音で、良い買い物をしたと感じたいが為に、ついつい手を出してしまいます。そして、届けられた製品に唖然とし、後悔する事は一度や二度では無いはずです。失敗例として、よくあるのは、加工精度の低さです。装着しようとすると、緩かったり、きつかったり、何とか装着してみると、どこかに無理がかかっていて、このままだとデバイスが変形してしまうのではないかと思うほど、捻りの力が加わって冷や汗をかく事があります。バリが目立つ物もあり、見た目が美しくないだけではなく、手に触れる箇所だった場合は、嫌な感触を気にしながら使い続ける事になります。こうなる事が予想されながらも、ついつい安くて良い製品を求めて、何度も失敗を繰り返してしまうのは、よくある事です。

純正品や正規ライセンス品のスマホケースは良いものです

やはり工作精度だけではなく、ブランドとしても、純正品や正規ライセンス品のスマホケースは良いものです。非ライセンス品とは違い、多くの場合は、スマホのメーカーからモックアップや図面が提供され、正確なデータを元に、ぴったりサイズの精度の高いスマホケースが製品化されます。また、正規品のスマホケースは、米軍調達規格のMILに準拠した製品も多く、厳しい落下テストや耐衝撃性、耐久性についても合格し、一定の能力が証明されたスマホケースは、安心して使用することが出来ます。デザインの面についても、デバイスが本来持っているデザインを損なわないセンスの良いデザインや、スマホのメーカーのエムブレムが活かされたデザインのスマホケースは、ブランドを示しながらも、デザインを楽しむ事が出来ます。これらを満たしたスマホケースは、相応の価格の製品になりますが、それに見合うだけの納得出来るチョイスになる事は、間違いありません。